ブルガリアの羊毛:流行か、世紀の伝統か?

およそ1万年前に羊を家畜化して以来、私たちの生活は羊と不可逆的に結びついてきた。流行っては消えるエキゾチックなペットの流行とは異なり、人と羊の関係はかつてないほど強固なものだった。羊は安全や食料と引き換えに、人々を暖かく健康にする唯一の原料である羊毛を私たちに与えてくれたのだ!

生存のための必需品から健康の代名詞となる商品へと、ウールは最も有用な有機素材の仲間入りを果たした。ウールは、その利点と使用法が非常に豊富な製品であるため、その人気は多くの民族の文化や伝統にまで波及した。

古代ギリシャ神話では、羊毛は黄金のフリースという形で王権を象徴していた。ニュージーランドのような国全体が、羊毛を国の宝であり経済の原動力と仰いでいる。アメリカのウッドロウ・ウィルソン大統領でさえ、第一次世界大戦中、ホワイトハウスの芝生で羊を飼い、その毛を売って赤十字を支援するなど、羊飼いとしての特権を楽しんでいた。

しかし、ブルガリアの羊毛はどうだろう? 

ヨーロッパ最古の国であるブルガリアは、羊毛という古いものと深い関わりを持つしかない。ブルガリアの歴史書のどのページをめくっても、少なくとも2、3回は「ウール」という言葉を読むことになるだろう。10世紀の最先端技術を駆使したウールの「サドル」から、伝統的な衣類や寝具まで、ウールはブルガリアの永遠の定番のようだ。時代を超えて愛され、先祖代々のお墨付きがある。

ブルガリアを訪れれば、自由に歩き回る動物の群れの多さに感動することだろう。緑の牧草地の真ん中に石を投げれば、羊か羊飼いの歌声にぶつかるかもしれない。これほど多くの羊の群れが飽和状態にあることは、伝統的な畜産が環境に優しいものであることの証であり、祝福でもある。動物たちは敬意をもって世話され、ハーブや雑草、低木などの自然食を自由に食べることが許されている。

ブルガリアでは、羊は単なる経済単位ではなく、フォークロアのロックスターなのだ。

19世紀から20世紀にかけてのブルガリアでは、多くの詩や散文が土地、動物、労働者に捧げられた。ブルガリア人は牧歌的な風景を理想化し、動物を実り豊かな生命力とみなした。このような信仰は、ブルガリアの暦の中にある儀式や祝祭日からもうかがい知ることができる。

クケリの伝統

クケリの伝統は約6000年前、悪霊を追い払うために行われた異教徒の儀式として始まった。クケリとはトラキア語を起源とし、"背の高い仮面の人々 "を意味する。ご想像の通り、演者は仮面をかぶり、厚い毛皮やウールの服を着て、優れた体格と無愛想な顔をした獣のような生き物を模している。腰には大きな銅製の鈴をつけ、耳をつんざくような音でパフォーマーの踊りを補う。Кukeriは荒れ狂うかがり火の周りで神聖な踊りを披露する。その後、Кukeriは悪霊を追い払いながら、豊穣と幸福をもたらすために村のすべての家を訪れる。

クケリの衣装の見た目、大きさ、形は、演じられる場所や地元の人々の好みによる。しかし、ウールの使用はこの祭りの重要なトレードマークであり続け、ほとんどの場合、仮面や衣装はすべてウールで作られているか、ウールで装飾されている。魔術の効力は儀式用の衣服の中に保たれると信じられているため、羊毛が浄化作用のある素材として認識されるのはむしろ興味深いことだ。クケリのパフォーマーがウールで身体を包むことで、初めて悪霊を撃退することができるのだ。

嬉しい偶然だが、幽霊を信じるかどうかにかかわらず、ウールは肉眼では見えない力を追い払うことができる素材なのだ。目に見えず、匂いもしないかもしれないが、ダニは確実にあなたの存在に気づいている。ノミに似たこの微小なダニは、マットレスや寝具に住み着き、あなたの肉を食べている。人間の古い皮膚に対する彼らの食欲は、軽度の発疹や鼻水から生命を脅かす喘息に至るまで、人々にアレルギー反応を引き起こす能力と同じくらい悪名高い。

間違いない、 ダニ ダニは寄生虫であり、迷惑をかけるだけだからだ。幸運なことに、ウールは利他的である以上に、天然のダニよけとして機能する。ダニが耐えられないような乾燥した環境を作り出すことで、ウールはアレルギーを誘発するダニがマットレスに住めないようにしてくれるのだ。

私たちの祖先の本能が、ウールが私たちに害をなす力に対する天然の忌避剤であるという考えにどのように導いたかを見るのは興味深い!ウールの手触りは心地よく、その繊維と質感は爽やかで若返らせる。

マルタおばあちゃんの伝統

3月1日、ブルガリアは巨大なブレスレット祭りに変身する。ババ・マルタは神話に登場する家長で、厳しい冬を一掃し、春の祝祭をもたらします。様々な人々がマルテニツァと呼ばれる手作りのウールやコットンのブレスレットを贈り合います。

赤と白で彩られたこの季節の装身具は、来る春を祝うだけでなく、健康と幸福をもたらし、邪気を払うという意味もある。コウノトリに出会ったら、マルテニツァを近くの木に置き、春の訪れを実感する儀式を行う。

表面的なレベルでは、この祝日の重要性は、家族、友人、そして一般的なコミュニティが打ち解け、より親密になるという、その社会的な性質から来ている。しかし、ひとたび階段を下りれば、マルテニツァの背後にある象徴的な意味が儀式の核心にあるという事実を見逃すことはできない。ババ・マルタを忘れがたい祝日にしているのは、隣人同士の健康を願う行為なのだ。しかし、それはどのように伝えられるのだろうか。誰かの手首にツタウルシのブレスレットを巻いて、その人の健康を祈るというのは悪趣味だろう。もちろん、メッセージを伝える手段はまたしても羊毛である!

ブルガリアの伝統的な衣服や寝具のかけがえのない一部として、ウールは魔術や宗教の世界に有機的に入り込んだ。現代技術だけが解読できるウールの数々の健康効果が、健康を促進する儀式にウールを再び登場させたのだろうか?心拍数を下げたり、カビを撃退したりすることから より良い睡眠ウールは万能であり、私たちの祖先は長い間、健康と繁栄の源として認識してきた。

 

続きを読む

ウールと難燃性化学物質の比較 - 本の上にロウソクを灯す

ウールと難燃剤の比較

マットレスに難燃剤を使用していますか?いいえ、使っていません!もっといいものがあります。ウールだ!でも、この騒ぎは何なの?難燃剤は...

Home of Wool ナチュラル・ノンタフテッド・ウール・ヘッドボード・クッション - セッティング

ウールの上で眠るウールマットレスの利点

なぜウール?ウールマットレスの利点とは?ウールは本当に快眠に役立つのか?ウールマットレスは快適?安全なの?寝心地は?

ホーム・オブ・ウール-スリーピング・オン・ウール-ウール枕のメリット

ウールの上で眠る:ウール枕の利点

はるか昔、類人猿は睡眠を改善するために寝台や木製の枕を作り始めた。古代ヨーロッパのギリシア人とローマ人が、その技術を習得したのである。

Bulgarian Wool: Fad or Century-Old Tradition?" に対する 2 の返答

  • 家や車の断熱に羊毛を使うという話はよく聞きますが、ブルガリアに羊毛の市場はあるのでしょうか?私はブルガリアで小さな家を買おうとしていて、羊毛で断熱したいと思っています。

    • サルマさん、こんにちは。ウールの素晴らしい性質は、住宅の断熱に最適です!詳細をメールでお送りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ひとつ × ファイブ =